建築家・吉田愛の経歴、谷尻誠と結婚してた?社食堂の場所やメニュー

3月5日放送の「セブンルール」にて、建築家・吉田愛さんが出演されます。

渋谷パルコ跡地にできたホテルを設計された方らしいのですが、どんな方なのか気になったので、調べてみました!

Sponsered Link

吉田愛さんの年齢・経歴、プロフィール

吉田愛、建築家、経歴

吉田 愛(よしだ あい)

1974年、広島県生まれ。

1994年、穴吹デザイン専門学校卒業後、株式会社井筒入社。

1996年、KIKUCHIDESIGN入所。

2001年、建築設計事務所Suppose design officeに参画。

2014年、上記、建築設計事務所「Suppose design office」を「SUPPOSE DESIGNOFFICE Co.,Ltd.」として谷尻誠と共同設立。

生年月日の詳細はわからなかったので、年齢はおそらく、43歳

お誕生日を迎えられていれば、44歳ですかね。

吉田愛さんと谷尻誠さんは結婚していた?

吉田愛、谷尻誠、結婚

現在の共同代表を務められている谷尻さんは穴吹デザイン専門学校の同級生であり、以前ご結婚されていたのだとか!

現在は離婚されてしまっていますが、共同代表を務めていらっしゃる時点で、もともととても仲がよく、円満に離婚されたというのがよくわかりますよね。

実際のところ、離婚になった理由はご本人同士にしかわからないところではありますが、離婚後もこうしてお仕事を一緒にできるというのは純粋にいい関係だなぁ、と思いました。

お二人でインタビューに答えられている映像などを拝見すると、とても息のあった受け答えをされていて、さすが元夫婦と思ってしまいましたwww

お互いにお互いを気遣っているのがとても良くわかるし、きっとご夫婦としても仲のいいご夫婦だったのだろうな、と思いましたが、離婚したからこそ見える相手の良さというのもありますから、ビジネスパートナーとしてはぴったりなんでしょうね!

羨ましい関係です(*´艸`*)

Sponsered Link

社食堂って?場所は?

建築会社のお仕事は大変激務で、ご飯は仕事をしながらコンビニ弁当で済ます、なんてことはザラにある世界なんだそう。

それを見ていた吉田さんと谷尻さんが、事務所を移転するに当たって、社員の健康面も安心して仕事ができる環境にしたいということで、オフィスのすぐとなりに作ったのが、レストラン「社食堂」。

オフィスとレストランの間には仕切りなどはなく、誤ってオフィスの中に入ってしまいそうなくらい隔たりのない設計にされたのは、「間」を大事にされているからなんだそうです。

家と路地の間に植木が合ったりするように、路地でもない、家でもない、路地と家の間にある植木。

こういった自然と人口物の間や中と外の間など、明確に分かれていないからこその自由な空間。

社員が昼食を取っていれば食堂になり、珈琲を飲みながら話し合えば、ミーティングルームになり、全く違うお客さんたちが楽しんでいればレストランになり。

そういった変幻自在の空間に魅力を感じているのだとか。

そして、ただの食堂にすることなく、誰でも入れる開放的なレストランにしたのは、建築事務所というものをもっと身近にしたかったからなんだそうです。

建築家の方々って、建築する建物の建つ地域を事前に見て回ることがよくあるそう。

建築事務所というととても敷居の高い雰囲気がありますが、もともと建築というのは生活や地域に根ざしたもの。

敷居の高い建築というものをもっと身近に感じてもらいたいという気持ちから誰でも入れるレストランにしたのだとか。

だから、社員の食堂+社会の食堂ということで「社食堂」になったそうですよ(*^^*)

メニュー

吉田愛、社食堂

日替わり定食(¥1,100)

サポーズカレー(¥950)

ふわふわ卵の親子丼(¥950)

薬味たっぷりの海鮮丼(¥1000)

ドリンクも珈琲、お茶、ソフトドリンクの他にアルコール類もあるようです!

社食堂の場所

東京都渋谷区大山町18-23 B1階
03-5738-8480

代々木上原駅より徒歩8分
東北沢駅から372m

11:00~21:00

日曜定休日

さいごに

いかがだったでしょうか?

社食堂行ってみたくなりました(*´艸`*)

定食と海鮮丼気になるな…♥

日曜日はお休みとのことなので、仕事で近くに寄った際は要チェックですね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

Sponsered Link