醸造家・三澤彩奈の甲州ワイン購入方法とテイスティングセミナー

2月27日放送のセブンルールでワイン醸造家の三澤彩奈さんが紹介されます。

姉がワイン大好きだったことから、以前から知っていた三澤彩奈さん。

なんかすごい賞を取ったらしいけど、ワイン飲まないからわからん…と思っていたので、今回改めて調べてみました!

三澤彩奈さんってどんな方?プロフィール・経歴

三澤彩奈、ワイン醸造家、セブンルール

三澤 彩奈(みさわ あやな)

1980年生まれ(37歳)

山梨県甲州市出身

血液型:B型

日本ワイン発祥の地と呼ばれる勝沼で、4代つづくワイン醸造所オーナーの長女として生まれる。

大学を卒業後、実家のワイナリー「中央葡萄酒株式会社」で1年間修業を積む。

その後、ボルドー大学の醸造学部に1年留学。

栽培と醸造を学ぶブルゴーニュの専門学校に移り、通常なら取得に2年かかるフランス栽培醸造上級技術者の資格試験に、わずか1年で合格。

フランスから帰国後、今度はワイン新興国の南アフリカのステレンボッシュ大学院で1ヶ月集中講座を受講。

帰国後も9月から11月の自社の収穫時期が落ち着くと、翌年3月から5月にかけて南半球で武者修行するフライングワインメーカーとして、世界のあちこちを回る。

祖父・父と「甲州種ブドウなんて2流」と言われていた時代から、甲州ワインに人生を懸ける姿をずっと見てきたため、甲州ワインを世界に広めたいという一心で甲州種と向き合う。

2013年念願かなって、三澤さんが手掛けた「キュヴェ三澤 明野甲州2013」が世界で最も金賞受賞が難しいと言われているデキャンタ・ワールド・ワイン・アワードで金賞とアジア地域最高賞「リージョナルトロフィー」の2冠を達成する。

三澤彩奈さんと甲州ワイン

三澤彩奈、ワイン醸造家、セブンルール

上記経歴だけ読めば、いろんな世界を渡り歩いて、甲州ワインでなんかすごい賞を受賞したんだー程度になってしまいますが、そんな簡単な話ではないのです。

甲州ワインはワインに必要な糖度が圧倒的に低い品種で、よく言えばあっさり飲めるワインですが、ワインの世界では、薄すぎて水っぽいなどと言われることもある品種。

現在の醸造技術なら風味を加えることもできるのですが、あえてそのようなことはせずに、個性的で力強い、複雑味のある甲州種ワインを造りたい!ということで甲州種の研究を始めます。

甲州種を個性的で力強い、複雑味のあるワインに仕上げるために必要なのは、先にも述べましたが、とにかく低い糖度を上げること。

美味しいワインを作るためには20度以上の糖度が必要ですが、甲州種では「20度の壁」と言われるくらい糖度を上げるのが困難な品種でした。

フランスで「醸造はブドウ作りから始まる」と教えられてきたことから、日本で主流だった棚栽培からフランスで主流の垣根栽培に変更します。

しかし、ぶどうは収穫までに3年かかることから、2005年に植えたものでも収穫し糖度を確認するのは3年後…。

垣根栽培に変更し、その他にも海外で得た技法を取り入れたりと、様々な試行錯誤を施したぶどうを2007年から収穫するも、2011年までの5年間糖度の変化はなかった。

5年間もの間世界中を駆け回り、様々な地域のぶどうを学びながら、変化のないぶどうと向き合うことがどれほどのことだったか、想像すらできません。

しかし、2012年、赤ワインで主流なリッジシステム(高畝式)という水分ストレスをかける方法を採用した畑で栽培したぶどうが20度の糖度を超えたのです。

翌年に22度を超えるぶどうも収穫でき、そして、かの有名な「キュヴェ三澤 明野甲州2013」が完成したのです。

Sponsered Link

三澤彩奈さんの醸造したワインの購入方法

醸造部長を務められる、中央葡萄酒株式会社グレイスワインさんのワインはおそらく三澤さんがすべてのワインの醸造に関わっていることは間違いないでしょう。

しかし、せっかくなら「キュヴェ三澤 明野甲州2013」を飲んでみたい!

と思う方も多いことと思いますが、「キュヴェ三澤 明野甲州2013」はもうほぼほぼないと考えて良いのではないかと思われます。

「キュヴェ三澤 明野甲州」は2013年以降も毎年醸造されていますが、このワインはワイナリーの意向で店頭販売のみとなっています。

そのため、ネットでの販売はないのはもちろん、店頭でも完売がほとんどとなっているようです。

生産も○○本限定ということですので、11月頃にネット等で検索してみると販売店さんが予約開始と出しているかもしれませんね。

三澤彩奈さんのテイスティングセミナー

三澤さんが務められている中央葡萄酒株式会社さんでは定期的にテイスティングセミナーが開催されているようです!

三澤彩奈さんが講師を務めてくださるかはわかりませんが、三澤さんが醸造を手掛けたワインをテイスティングしてみるいいきっかけになりますよね。

テイスティングセミナーは予約制で、予約可能日がHPに記載されていますので、確認・予約はHPからどうぞ(*^^*)

さいごに

いかがだったでしょうか?

私ワインはあまり飲まないのですが、週末にワイナリー巡りというのも楽しそうだと思ってしまいました!!

ぜひこれからも「人の心を震わせるようなワイン」を作っていっていただきたいですね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

Sponsered Link