【初耳学】佐藤摩弥44年ぶりに誕生した女性プロオートレーサーとは

2月25日放送の「林先生が驚く 初耳学」で44年ぶりに誕生したある女性プロが密着されます。

その職業というのも、女性の割合が全体のわずか2%という、圧倒的に男性の多い職種。

女性の割合2%ってどんな職業なのか気になって調べてみたところ、44年ぶりに女性オートレーサーが誕生というネットニュースを発見!

掘り下げてみると気になるところが幾つかあったので、まとめてみました!

Sponsered Link

佐藤摩弥さんってどんな方?

初耳学、女性オートレーサー、佐藤摩弥
出典:サンスポZBAT!競馬

佐藤摩弥(さとう まや)

1992年5月16日生まれ(25歳)

埼玉県さいたま市出身

身長 151.3cm、体重 49.5kg

血液型:B型

5歳の頃からモトクロスを始め、中学生にはKIDSモトクロス中学生クラスチャンピオン、レディースクラスチャンピオンに上り詰める。

高校生の時にオートレース養成所で女性の募集が開始されたのをきっかけに、オートレース養成所の試験を受験。

当時受験した女性は佐藤摩弥さんの他にもう一人いらっしゃり、44年ぶりにそのもう一人の女性・坂井 宏朱さんと共に合格しました。

9ヶ月間の養成所での訓練を経て、2011年7月11日にデビューされました。

時速150kmにもなるオートレースのバイクにはブレーキがないのだとか。

スポーツには付き物の怪我もブレーキもないバイクで時速150kmも出ていたら、普通の怪我なんか比べ物にならないほどの大怪我に発展してしまいます。

佐藤さん自身も落車して足の骨を3ヶ所折ったこともあるのだとか。

それでも、佐藤さんはオートレースに出場することにこう言っています。

「1着でゴールできたときは気持ちがいい。そのためにやっているようなものですね。ヒヤッとするシーンもあるけど、スタート前から怖いということはありません。それを思っていたらレースはできませんから」
出典:zakzak

よっぽどお好きなんだなってことが感じられるお話ですよね。

そこまで、打ち込めるってすごいです。

Sponsered Link

オートレースってどんなスポーツなの?

元SMAPの森くんがオートレーサーになったことで、知っているという方も少なくないかもしれませんが、オートレースってどんなスポーツなという方も多いのでは。

オートレースは、基本的に8台のオートバイで1周500メートルのコースを6周したタイムを競い合うレースです。

それぞれの選手にはハンデが課されたりといろいろなルールが有るようなのですが、ゴメンナサイ。

私にはよく理解ができなかった&説明ができないので、もう映像を見てくださいwww

そして、詳しいルール等はオートレースの公式サイトへ^^;

今後の佐藤さんの出場レース

これから開催されるレースで佐藤摩弥さんのレースを見てみたい!という方はこちらを参考までに。

平成29年度山陽小野田市営第6回第1節 02/27~03/01

第66回GⅠ開設記念グランプリレース 03/07~03/11

平成29年度飯塚市営第14回第3節 03/27~03/29

平成30年度飯塚市営第12回第1節 04/19~04/21

結構短いスパンの間に何度もレースがあることが驚きでした

詳しくはこちらまで

さいごに

いかがだったでしょうか?

同期の、しかも同じ女性オートレーサーの事故死を乗り越え、今も現役で活躍されている佐藤摩弥さんのレースが見てみたくなりました。

週末にオートレース観戦というのも楽しそうです!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

Sponsered Link