マスク着用時にメガネが曇らない方法!最強の折り方は?表裏も確認

インフルエンザの猛威が未だ残る日本ですが、今度は花粉の時期に入ってきましたね。

インフルエンザはまだまだ注意が必要ですし、最近はインフルエンザと花粉のダブルアタックで重症化というニュースも聞きます。

そんな時期に手放せないのがマスクですが、メガネ着用者にとってメガネとマスクの相性の悪さはこの時期、頭を悩ませるタネのひとつ…。

私自身、喉が弱いため乾燥のひどい冬はマスクが手放せないのですが、メガネを使用しながらマスクをする鬱陶しさと言ったら…(;´Д`)

日中はだいぶ暖かくなってきて、メガネが曇ることも少なくなってきましたが、まだまだ寒い朝や夜は曇って見えないということもありますよね。

というわけで、今回はマスク着用時にメガネが曇らない方法を調べ、検証してみました!

Sponsered Link

そもそもメガネが曇るのはなぜ

これは、メガネをしてマスクしている方なら言わずもがなわかることですが^^;

そもそもメガネが曇るのは、吐き出された息とメガネ自体の温度差があるために曇ってしまいます。

わかってるよって感じですがwww

それを曇らないようにしたいんだよ!と思いますよね!

曇らないためには吐き出された息がメガネに到達しないようにすればいいのです!

つまり、メガネとマスクの間に息が抜けてしまわないようにすればいい、マスクの鼻部分の密着度を上げて、息が漏れ出ないようにすればいいのです。

メガネ専用のマスクも市販されていますが、それらは鼻部分にクッション性のあるスポンジを入れて息が漏れない作りになっていますね。

Sponsered Link

マスク着用時に確認すること!表裏を見ましょう

マスクの表裏って気にしたことありました…?

私は全く気にせず、ただ針金部分がしっかりカバーされている側を付けてましたが、マスクには表裏・上下がきちんと決まっているようなんです(゜o゜)

マスク、メガネ、曇らない方法

このマスク、表と裏どっちでしょう?www

この写真のマスクは表で撮ってありますが、表と判断する基準はプリーツの向きです。

メーカーによってプリーツの形が違いますが、今回最も間違えやすいマスクを用意しました。

この写真のようにプリーツの山が下向きになっている方が表なのです!

プリーツが下向きになっているのは、顔の形を考慮してできているものなので、これを無視するとマスクと顔の間に空間ができ、そこからウィルスや花粉を侵入させてしまいます!

表裏をしっかり確認して付けるようにしたいですね。

マスク着用時にメガネが曇らない方法!最強の折り方!!

では、いよいよ、メガネが曇らない最強の折り方をご紹介しましょう!

これは、私自身いろいろ試して、本当に最強だと思っています!

メガネ専用マスクも使ったことありますが、普通のマスクより高額であるし、曇りどめを塗っていたこともありましたが、効果が短く、何度も塗り直しをしなければいけなかったことが手間でした!

しかし、今回ご紹介する方法は装着時にちょっと一手間加えるだけです!

簡単!安上がり!!

早速ご紹介します!!

マスク、メガネ、曇らない方法

まず、なんの変哲もないマスクをご用意ください。

立体型やガーゼタイプではなく、プリーツ型のものです。

マスク、メガネ、曇らない方法

まずはワイヤーの入っている上部分を外側に折り返します。

よく見る曇らない折り方は、このまま付ける方法です。

もちろん、これだけでも密着度は上がるので、曇らなくなります。

が、今回ご紹介するのはこれだけでは終わりません。

マスク、メガネ、曇らない方法

マスクを半分のところで外側に山折りにします。

さらに!

マスク、メガネ、曇らない方法

折った半分のところから、2cmくらいのところを谷折りにします。

二箇所折って外側にWのように折り込みます。

これだけです!!

これで、装着してみると、密着度がぜんぜん違うのがお分かりいただけると思います!

二箇所折るところは、装着される方の鼻の位置を確認して、微調整されるとより密着します!

マスク、メガネ、曇らない方法

装着した状態。

鼻周りがピタッとフィットするので、つけ心地もいいです!

これは、是非試してみてください!!

さいごに

いかがだったでしょうか?

インフルエンザが一段落したと思ったら、今度は花粉…orzとゲンナリしてしまう方も多いと思いますが、快適に過ごすためにも、様々な工夫をして、乗り切りましょう!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

Sponsered Link