平昌オリンピック日本代表公式ユニホームと公式ジャージ!歴代制服

1月24日に日本代表選手団の壮行会が行われました!

そこで、平昌オリンピックの日本代表選手団のユニホームを選手が着用して出席されていましたね!

そこで今回は、平昌オリンピックの公式ユニホームと公式ジャージや歴代のユニホームなどを調べていきたいと思います!!

Sponsered Link

平昌オリンピック日本代表公式ユニホーム

平昌オリンピック、公式ユニホーム、制服
出典画像元:JOC

こちらが今回の平昌オリンピックの公式ユニホームです!

壮行会では、本番のオリンピックさながらの選手入場で全員がこの制服を着た姿はとてもかっこよかったです!!

壮行会の様子↓

こちらの公式ユニホームのデザイン・製作はAOKIが手がけ、テーマは「輝け!今を駆け抜ける、勇者たち!」だそうです。

男性用はジャケット、スラックス、シャツ、ネクタイ、ベルト、ソックス、渡航用ニットシャツ、靴の8アイテム。

女性用はジャケット、スラックス、ブラウス、スカーフ、ベルト、ストッキング、バッグ、渡航用ニットシャツ、靴の9アイテムになっているのだとか。

すべて日本製に徹底し、AOKIさん曰く、「楽に動けて着て楽しい「楽動」を実現」したそうですよ。

スポーツの祭典に向かう選手たちの体の動きを制限してしまうような制服では元も子もないですからね!

上着のデザインや、パンツのシルエットは選手のお好みで選べるそうな。

平昌オリンピック日本代表公式ジャージ

ジャージも日本代表公式スポーツウエアがありますので、そちらもご紹介。


えーっと、これはかっこいいと言っておくべきなんですよね…www

デザイン・製作したのは、アシックスがしたそうです。

アシックスの製作チームから「PROUD OF JAPAN.」「日本を、誇れ。」をコンセプトに、ウェアのメインカラーには朝日が昇る力強さをイメージした鮮やかな「サンライズレッド」、サブカラーに日本を囲む蒼い海のような深い青色の「ジャパンブルー」を採用したことが説明されました。

ウェアは寒暖差が激しい平昌の環境に対応するため保温性に優れており、各競技会場や着用シーンに応じて着合わせることで機能の相乗効果が得られるように設計したこと。また、水使用量を約70%削減する特殊な工程で染色された生地、水を使用しない技術で染色されたファスナー、バイオマス由来やリサイクル素材など、環境へ配慮した材料を多く採用し、シューズではスポーツ用としては初めてエコマーク認定を取得したことが説明されました。

出典:平昌2018日本代表選手団のオフィシャルスポーツウェアを発表

冬季オリンピックなので、ジャージで保温性が高いのは必須項目でしょうが、いろいろ組み合わせて着ることで相乗効果が得られるのはいいですね。

また、かなり環境へ配慮したジャージになっているようで、水を使用しない技術で染色ってどうやるのか気になるところです。

Sponsered Link

歴代公式ユニホームやジャージ

では、次に冬季オリンピック歴代のユニホーム・ジャージを見てみましょう(*´ω`*)

まずは前回の2014年ソチオリンピックの公式ユニホームとジャージです。

ソチオリンピック、歴代ユニホーム

ソチオリンピック、公式ジャージ、歴代

2010年バンクーバーオリンピック

バンクーバーオリンピック、公式ユニホーム

バンクーバーオリンピック、公式ジャージ

2006年トリノオリンピック

トリノオリンピック、公式ユニホーム

トリノオリンピック、公式ジャージ

2002年ソルトレークシティオリンピック

ソルトレイクシティオリンピック、公式ユニホーム ソルトレークシティオリンピック、公式ジャージ

1998年長野オリンピック

長野オリンピック、式典用公式ユニホーム

長野オリンピック、公式ジャージ

長野オリンピック、公式ユニホーム

こうやって見てくると、今回の平昌オリンピックまで白や紺などを基調とした落ち着いたユニフォーム・ジャージが多いようですね。

それが、今回は随分とイメージチェンジwww

シックな印象はないですが、開会式では目立ちそうですね(*´ω`*)

ちなみに、長野オリンピック以外の大会では公式ユニホーム(スーツ)がありますが、長野オリンピックではこのようなスーツのユニホームは見つけられませんでした。

このようなスーツのユニホームは移動時などに着用しているようなので、自国開催だった長野オリンピックでは、式典用ユニホームとして白いロングコートだけで、スーツはつくられなかったのかな?と思いました。

なんせ20年前の大会なので資料も少なく推測するしかできず…

あしからず…!

平昌オリンピック日本代表選手一覧!注目選手、メダル候補をチェック

平昌オリンピック公式マスコットキャラクターはネット販売で購入可?

おわりに

今回は公式ユニフォームと公式スポーツウェア(ジャージ)からオリンピックを見てきました!

2週間ほどで開幕する平昌オリンピックでは、今までとはまた違ったサンライズレッドとジャパンブルーのウェアで注目が集まることでしょう!

赤はアドレナリンを分泌し、活力を沸かせてくれたり、前向きな気持にしてくれる色ですので、それもまた力にぜひとも日本代表のみなさんには活躍していただきたいですね!!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

Sponsered Link