2019年大河ドラマ「いだてん」内容や出演者、脚本を先取り!!

マッサンで人気を博したシャーロット・ケイト・フォックスさんが2019年の大河ドラマに初出演することがわかりました!

2019年の大河ドラマなので、まだまだ先の話ですが、一足先に内容や出演者をチェックしておきましょう(*´艸`*)

Sponsered Link

「いだてん〜東京オリムピック噺」はどんなお話?

いだてん、阿部サダヲ、中村勘九郎、宮藤官九郎さん

日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年(明治45年)のストックホルム大会から、1964年(昭和39年)の東京大会開催までの52年間を3部構成で、二人の主人公がリレー形式で話を進めていくドラマのようです!

ドラマ題名にもあるように、オリンピックのお話。

オリンピックイヤーの2020年を前に盛り上がりそうですねー!

また、この二人の主人公も実在の人物で、初めてオリンピックに出場したマラソン選手の金栗 四三(かなぐり しぞう)さんと東京オリンピックを開催に尽力した田畑 政治(たばた まさじ)さんとなっており、オリンピック一色のドラマとなりそうです!

“オリンピックに初参加した男” 金栗四三と“オリンピックを呼んだ男” 田畑政治
日本のオリンピックは、マラソンの金栗四三と陸上短距離の三島弥彦、たった2人の選手から始まった。まだ“スポーツ”の言葉もなかった時代。1912年に初参加した「ストックホルム大会」で、金栗は日射病で失神、三島も大惨敗。だが、そこから持ち前の根性で猛勉強、日本はスポーツ大国へと成長する。1936年の「ベルリン大会」では、水泳の前畑秀子をはじめ金メダルを量産。念願の「東京オリンピック」招致を勝ち取る。だが、時代は戦争へと突入、夢は幻と消えてしまう。 敗戦。田畑は蛙と芋で飢えをしのぎ、執念で競技を再開。ついには、1964年の「東京オリンピック」を実現する。
戦争、復興、そして…平和への祈り。オリンピックには、知られざる日本人の“泣き笑い”の歴史が刻まれている。ドラマでは、1912年「ストックホルム」から、1936年「ベルリン」、1964年「東京」までの3大会を中心に、激動の52年間を描いていく。

出典:2019年 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」主演は中村勘九郎さん、阿部サダヲさん!-NHK

二人の主人公を簡単にご紹介しておきます!

★金栗四三さん★

1891年(明治20年)8月20日~1983年(昭和58年)11月13日

熊本県ご出身

1910年東京高等師範学校(現・筑波大学)入学

ストックホルム大会の予選会にて、当時の世界記録を27分も縮める大記録を叩き出し、ストックホルム大会に挑んだものの、日射病で倒れ、目覚めた時には競技が終了しており、国辱を味わいます。

その後、4年後のベルリン大会を目指しトレーニングするものの、第一次世界大戦でベルリン大会がなくなり、1920年のアントワープ大会、1924年のパリ大会に出場。

そして、引退後は後進の育成に力を入れ、箱根駅伝を創りました。

また、1967年3月、スウェーデンのオリンピック委員会からストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に招待された際、ストックホルム大会での棄権の意思が伝わっていなかったために、「競技中に失踪し行方不明」となっていた記録を、記念式典でゴールさせた。

「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」とアナウンスされた[4]。54年8か月6日5時間32分20秒3という記録はオリンピック史上最も遅いマラソン記録であり、今後もこの記録が破られる事は無いだろうと言われている[5]。金栗はゴール後のスピーチで「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」とコメントした[4]

出典:金栗四三-Wikipedia

また、金栗さんは現在ドラマ『陸王』で話題となったマラソン足袋を履いて走っていたことでも有名ですね!

★田畑政治さん★

1898年12月1日~1984年8月25日

静岡県ご出身

東京帝国大学卒業後、1924年朝日新聞社に入社

1932年のロサンゼルス大会で水泳の日本代表監督を務める。

“水泳のために生まれた男”、といっても本人は病弱で泳がない。地元の浜名湾でコーチとして日本水泳の礎を築いた。政治記者をしながら、「ロス・ベルリンの両大会」に参加。“日の丸”に涙する日系人の観客を見て、“平和の祭典”としてのオリンピックに魅了される。以来「東京オリンピック」の実現に執念を燃やすも、戦争により幻となる。だが、情熱は失わない。敗戦の食糧難の中、マッカーサーと直談判、いち早くスポーツ界の国際復帰に成功し、復興を願う人々の支えとなった。目的に向かい猪のように突進する熱情家で、ついには1964年の「東京オリンピック」を実現する。

出典:2019年 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」主演は中村勘九郎さん、阿部サダヲさん!-NHK

これをみるだけでも、どんなドラマになるのか期待十分ですね!!

Sponsered Link

「いだてん〜東京オリムピック噺」出演者&スタッフ

出演者

金栗 四三(かなくり しそう):中村勘九郎

田畑 政治(たばた まさじ):阿部サダヲ

春野 スヤ(はるの すや):綾瀬はるか(金栗四三の妻)

三島 弥彦(みしま やひこ):生田斗真(金栗四三の盟友)

シマ:杉咲花(三島家に仕える女中)

野口 源三郎(のぐち げんざぶろう):永山絢斗(東京高等師範学校の後輩)

美川 秀信(みかわ ひでのぶ):勝地涼(東京高等師範学校の同級生)

大森 兵蔵(おおもり ひょうぞう):竹野内豊(ストックホルムオリンピック日本選手団監督)

大森 安仁子(おおもり あにこ):シャーロット・ケイト・フォックス(大森兵蔵の妻)

金栗 実次(かなくり さねつぐ):中村獅童(金栗四三の兄)

可児 徳(かに いさお):古舘寛治(東京高等師範学校助教授)

黒坂 辛作(くろさか しんさく):ピエール瀧(足袋のハリマヤ店主)

永井 道明(ながい どうめい):杉本哲太(東京高等師範学校教授)

池部 幾江(いけべ いくえ):大竹しのぶ(金栗四三の養母)

嘉納 治五郎(かのう じごろう):役所広司(金栗四三の恩師)

古今亭 志ん生(ここんてい しんしょう):ビートたけし(落語家&ナレーション)

美濃部 孝蔵(みのべ こうぞう):森山未來(若き日の志ん生)

五りん(ごりん):神木隆之介(志ん生の弟子)

知恵(ちえ):川栄李奈(五りんの恋人)

小梅(こうめ):橋本愛(浅草の遊女)

清さん(せいさん):峯田和伸(浅草の人力車夫)

橘家 圓喬(たちばなや えんきょう):松尾スズキ(落語家)

脚本はあの『あまちゃん』の宮藤官九郎さん!

大ヒット朝ドラ、連続テレビ小説『あまちゃん』で脚本を手がけた宮藤官九郎さんが今回の『いだてん』の脚本も手がけられます!!

今回脚本を書かれるに当たり、意気込みをNHKのインタビューで答えていたので、引用させて頂きます

意気込みを、ということですが、実際まだそれほど意気込んでなくて、でも、そろそろ意気込め!ということなのかな、と思ったりしながら、ようやく執筆を開始したところです。とりかかってみたら様々な発見があり、その難しさと面白さを日々痛感しています。まず本作は、大河ドラマであること以前に、自分にとっては初めての「実在のモデルがいるドラマ」で、その創作過程の違いが新鮮で楽しいです。日本人初のオリンピック出場選手、金栗四三さんの生い立ち、足跡をたどり、ご遺族や関係者のお話を聞き、真実の力、ノンフィクションの面白さを実感しています。同時に、どの程度フィクションを紛れ込ませるか、その匙加減が実に難しいです。さらに1964年東京オリンピックの立役者である田畑政治さんの野心、バイタリティ、特異なキャラクター。日本史にも世界史にもオリンピックにも、これまで別段関心のなかった自分が、今やちょっとしたオリンピックおたくになりつつあります。2020年にオリンピックを体験する皆さんにとっても、リアリティのある大河ドラマになるんじゃないか、と自分を鼓舞し、完走に向けて、そろそろ意気込もうと思います。

出典:2019年 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」主演は中村勘九郎さん、阿部サダヲさん!

シャーロット・ケイト・フォックスの現在!彼氏は?今後の出演予定

さいごに

いかがでしたか?

まだまだ2018年の大河ドラマ『西郷どん』が始まったばかりですが、撮影は4月からクランクインするとのことですので、今後どんどん盛り上がっていくことでしょう♪

気になる情報が入り次第追記していきたいと思いますので、乞うご期待ください(*´ω`*)

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

Sponsered Link