新入学準備!上履きを百均素材でデコパージュ♪耐久性、経過をレポ

年も明け、落ち着いてきた今日この頃…。

次のビッグイベントと言えば、卒業・入学ではないでしょうか。

小学校・中学校・高校をそのまま一学年進級するという方には過ぎたことですが、実際に卒業・入学を来年度に控える子やその親御さんにとっては、今年のメインイベントと言っても過言ではないことと思います。

そこで、今回は、新たな入学を控える子や親御さんで、上履きを他の子より可愛くしちゃおう!という方に向けたご紹介です(*´艸`*)

Sponsered Link

デコパージュって?

真っ白な真新しい上履きも新たな気持を思い起こさせ、いいものです。

最近はキャラものの可愛らしい上履きも見かけるようになってきました。

でも、せっかくの新生活。

私(僕)だけ、我が子だけのオンリーワンな上履きを作りませんか?

ということで、真っ白な上履きを簡単に可愛くするデコパージュをご紹介します。

では、はじめにデコパージュとは、どんな技法なのか。

デコパージュは、16世紀イタリア・ベネチアの家具職人が東洋の漆工芸に魅せられ、 模倣したのが始まりと言われています。

フランス語でDecouper(切り抜く・切り裂く)という意味ですが、イタリアでは“lacca contrafatta”(偽りのニス塗り)や“arte povera veneziana”(ヴェネツィアの貧乏アート) などど言われていましたが、17世紀にはフランス、イギリス、さらにアメリカに広がりました。

デコパージュの応用範囲は幅広く、木、ガラス、缶、陶器など身近にあるものがすべて材料になるので、身の廻りの物をリサイクルできる、今の時代にもぴったりのアートテクニックなのです。基本は”紙を切り抜・貼る・仕上げ剤を塗る”のテクニックですが、素材を変えたり、ペイントしたり、立体にしたりと、その楽しみは限りなく広がります。

出典:デコパージュマニア.com

こちらにもあるように、「紙を切り抜き、貼り、仕上げ剤を塗る」だけの簡単なものです。

紙はペーパーナプキンや専用紙などの薄いものを使い、デコパージュ専用液で貼って、仕上げにトップコートを塗るというもので、最近はデコパージュ人気から百均などにも専用紙や専用液が売っていて、ずっとどんなものなのか気になっていたのです。

でも、売っているのは百均で、綺麗にでき上がったとしても、子どもが毎日履いて耐久性は?綺麗な状態でいつまで保てるのか、が気になっていて手を出していませんでしたが、今回子どもが新たに上履きを購入したのをきっかけにチャレンジしてみることにしました。

それに伴い、作り方や耐久性、1週間・3週間経った経過をレポしてみようと思います!

これから、新年度に向け上履きデコパージュにチャレンジしてみようという方の参考になれば幸いです!

Sponsered Link

★作り方★

では、早速作り方を確認していきましょう。

★材料★

上履き、デコパージュ、材料

左から

デコパージュ液布用 ダイソー

デコパージュ液トップコート ダイソー

ハケ、ハサミ

デコパージュペーパー・北欧モダン・ ダイソー

こちらのデコパージュ紙は5種類のデザインの紙が5枚入っています。

5枚の内、2枚は4分割された違うデザインの紙が入っていますので、デザイン数で言えば、11種類入っていることになります。

子供用の上履きサイズならば、このデコパージュペーパーを一袋で十分です。

デコパージュ液も紙もすべてダイソーです。

私はデコパージュ液をボトルから直接ハケに付けたり、直接上履きに塗ってしまったのですが、しっかりと液の量を決めたい場合はパレットなどを用意したほうがいいと思います。

★作り方★

まずは、好きな柄のペーパーを好きなサイズに切っていきましょう。

今回私は、動物のデザインを選びました。

デコパージュ、上履き、ダイソー

大まかに切って、あとから上履きに収まるように微調整。

デコパージュ、上履き、ダイソー

そして、貼る位置やデザインが決まったら、デコパージュ液布用を塗っていきます。

デコパージュ、上履き、ダイソー

ズボラな私は直接塗るところに液を垂らして塗り広げました^^;

デコパージュ、上履き、ダイソー

デコパージュ液が塗れたら乾く前に、ペーパーを貼っていきます。

この時に、若干紙が浮きますので、ウェットティッシュなどでピタッとくっつくように上から押さえましょう。

ただし、押しすぎると、まだくっついてないので、紙がよれます^^;

力加減にご注意をwww

デコパージュ、上履き、ダイソー

ペーパーが密着したら、少し乾かし、上から再びデコパージュ液を塗ります。

ペーパーをすべて貼り終えたら、乾燥させます。

ある程度乾いたら、トップコートを塗っていきましょう。

デコパージュ、上履き、ダイソー

トップコートは全体的に塗ると、汚れが付きにくいとの情報をキャッチしましたので、まんべんなく全体に塗りました。

そして、完成したのがこちら。

デコパージュ、上履き、ダイソー

キレイに出来上がりました!

このまま一晩完全に乾き切るように乾燥させました!

完成後の使用感

一晩乾燥させて、朝上履きを手にとって見ると、カッチカチでした^^;

元々上履きって使い始めは固くなっていますが、これ革靴並みじゃない?!ってくらい固い!!

これでは、履いていて足が痛くなってしまいそうだと思い、使用前に何度かほぐすように曲げ伸ばしましたが、いざ使うまでに思ったほど柔なくなりませんでした^^;

上履きを使う本人は大変喜んでくれたので良かったのですが、固くて履きにくそうでした。

園でも1人で履くにはちょっと苦戦しているようです。

使用後一週間…

デコパージュ上履きを使用して1週間が過ぎました。

上履きは相変わらず固く、一人で履くには若干手こずっていました。

肝心のデコパージュの耐久性はこんな感じです↓↓

デコパージュ、上履き、ダイソー デコパージュ、上履き、ダイソー

やはり、よく動く指の付け根部分がハゲてきてしまっています。

また、デコパージュ液を塗っておけば汚れ防止になるとのことだったので、全体に塗りましたが、つま先や側面、かかとの補強用ゴム部分には塗りませんでした。

しかし、少しはみ出してゴムの部分についてしまったデコパージュ液がゴミを集めてくっついていました。

確かにデコパージュ液を塗ったところは対して汚れていないように感じましたが、ゴムの部分の汚れが目立ち、水洗いしたい衝動にかられましたwww

でも、デコパージュしていて、尚且つハゲかかっているとなると水洗いするのもはばかれます。

デコパージュしたところは、たわしなど厳禁なので、タオルなどでこするのみだそうです。

使用後3週間…

上履き、デコパージュ、ダイソー

上履き、デコパージュ、ダイソー

使用後1週間と比べると、やはり指の付け根部分のハゲが激しいのと、その他部分も剥がれ始めてきています。

また、給食の食材を落としたようで、足の甲部分の布ゴムが汚れてしまったのですが、水洗いできず、タオルで擦ったのですが、洗うよりはやはり汚れが取れませんでした。

上履きの硬さはさほど気になることは無くなる程度になりました。

まとめ

新入学準備ということで、上履きデコパージュをご紹介しました!

真っ白な上履きを500円ほどで購入し、百均の材料でデコパージュすると安くてオンリーワンなかわいい上履きが出来上がるのは確かです。

が、毎日使用していく中で、どんどん剥がれてきて、可愛さは半減していきますし、なにより、たわし等でゴシゴシ擦って洗えないというのが、私には最大のネックになりました。。。

百均の材料ではなく、きちんとした専用液などを使えば、もっと耐久性は違ったのかもしれません。

しかし、できることなら安くて気軽に手軽に仕上げたいと思ってしまうんですよね^^;

DIYがお好きなママさんじゃなければ、私のように、専門店に行くくらいなら、どこにでもある百均に、となってしまうのでは…?と同意を求めてみるwww

小さい子のように激しく動かない中高生は、自分のお小遣いでやりくりできる百均の材料で作っても、ある程度長い期間キレイに保てるかもしれません。

と、いうわけで、今回は上履きデコパージュをご紹介しました!

今後の入学準備の参考にして頂けると嬉しいです(*´ω`*)

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

Sponsered Link